ファン・ダイク選手の背番号とプレースタイル。プロフィールや経歴も

フィルジル・ファン・ダイク選手(リヴァプール)の背番号とプレースタイルを中心に、プロフィールや経歴まとめました。

フィルジル・ファン・ダイク選手の背番号、ポジション

フィルジル・ファン・ダイク選手の背番号の変遷は、フローニンゲン所属時に、48、21、4。
その後、セルティックでは一貫して5。
サウサンプトンでは17、リヴァプールでは4番をつけています。

ポジションはセンターバック一筋で、他のポジションにつくことはありません。

フィルジル・ファン・ダイク選手のプレースタイル

フィルジル・ファン・ダイク選手のプレースタイルとしては、まずディフェンダーとしての頭の良さが最大の売りです。
立派な体格を誇ってはいますが、その体の強さだけに頼るのではなく、相手の攻撃を常に読み、先回りします。
現地の記者に言わせると、フィルジル・ファン・ダイク選手の凄さは、「その場に常にいること」だそうです。
例えば、ゴールに近いサイド、いわゆるニアサイドを守っていたかと思えば、次の瞬間には逆サイドのスペースのカバーに回っていて、相手はまんまとそこにパスを出して、カットされるといった具合です。
試合の流れを読み、相手がどう攻めてくるのか、味方はどう攻められると嫌なのかを察知する戦術眼を持っているからこそ、成せる業です。

その戦術眼に加えて、先程書いたように体の強さを持ち、さらにスピードも兼ね揃えています。
そのため、たとえ1対1で相手を止めなければならない場面でも、冷静に対処できるのです。
相手は、組織で攻めても、個人で攻めても止められてしまうので、パニックに陥り、自分を追い込み、さらにミスをしてしまいます。

それだけでなく、フィルジル・ファン・ダイク選手は攻撃センスにも優れています。
正確にロングキックを蹴ることができるので、味方の攻撃の起点にもなり得るのです。
ただ守るだけでなく、攻撃でも能力を発揮する、まさにモダンなディフェンダーと言えます。

さらにフィルジル・ファン・ダイク選手はキャプテンシーも持っていて、チームメイトを引っ張ることもできます。
これまでの所属チームでも、同僚から尊敬をされていて、人間としても、優れていることが分かります。
フィルジル・ファン・ダイク選手がいることで、チームのランクが1つ上の段階に進むのです。
現に、彼が加入する前のリヴァプールは、勝負弱さが見られ、中々リーグ、カップ共に大事なところで勝ちきれていませんでしたが、ファン・ダイク加入後は、チャンピオンズリーグを制覇したり、リーグでも上位の成績を残したり出来るようになりました。

オランダ人の選手は元来攻撃的な選手に優秀な選手が多く、古くはヨハン・クライフ氏や、ルート・フリット選手、最近ではアリエン・ロッベン氏、ロビン・ファンペルシー氏など、たくさんのそのポジションの第一人者がいました。
しかし一方でディフェンダーは、ヤープ・スタム氏など、有名な選手がいないわけではありませんが、世代ナンバーワンと言われる程の選手がいたことは、ありませんでした。
オランダ代表チームにとって、いわゆる泣き所だったのです。
そこに世界最高クラスの能力を持ったファン・ダイクが出てきたわけですから、それもまた面白いですね。
オランダ代表もリヴァプールと同じように、フィルジル・ファン・ダイク選手の存在でまた1つランクアップするでしょう。
現に、近年、オランダ代表は2016年のユーロ、2018年のワールドカップの出場権を逃し、暗黒時代を迎えていましたが、現在は2020年のユーロ出場権を早々に獲得するなど、復活の兆しを見せています。
それはやはり、フィルジル・ファン・ダイク選手の働きが、大きいと思われます。

2018年から2019年までのシーズンでは、全50試合で1度も相手に抜かれることがなかったという、信じられない記録を残しています。このこともまた、彼が世界最高のディフェンダーの1人ということを証明しています。

フィルジル・ファン・ダイク選手のプロフィール

名前:フィルジル・ファン・ダイク(Virgil van Dijk)
生年月日:1991年7月8日
年齢:28歳
出身:ブレダ(オランダ)
国籍:オランダ、スリナム
身長:193cm
体重:92kg
利き足:右足です。
背番号:4
所属:リヴァプールFC
オランダ代表

フィルジル・ファン・ダイク選手の経歴

  • 2009年 オランダのヴィレムⅡのユースチームに入団。その後、フローニンゲンのユースに移籍。
  • 2011年 フローニンゲンでトップチームデビュー。
  • 2013年 スコットランドのセルティックに移籍。
  • 2015年 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに移籍。
  • 2018年 同じくプレミアリーグのリヴァプールに移籍。移籍金は、当時ディフェンダーとしては、プレミアリーグ最高額であった。
  • 2019年 イングランド国内の、年間最優秀選手賞を受賞。

所属クラブ歴

2011-2013 フローニンゲン
2013-2015 セルティック
2015-2017 サウサンプトン
2018-   リヴァプール

代表歴

2011 オランダU-19代表
2011-2013 オランダU-21代表
2015- オランダフル代表

最後に

ここでは、フィルジル・ファン・ダイク選手の背番号とプレースタイル、プロフィールや経歴までまとめてお伝えしました。