マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)のプレースタイルや背番号、プロフィールまとめ

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手(フラメンゴ)のプレースタイルや背番号、ポジション、そしてプロフィールと経歴をまとめてお伝えします。

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手のプロフィール

名前:マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(Márcio Rafael Ferreira de Souza)
愛称:ラフィーニャ
生年月日:1985年9月7日
出身地:パラナ州ロンドリーナ(ブラジル)
身長:172cm
体重:68kg
利き足:右
所属:CRフラメンゴ
ポジション:DF
背番号:13
ブラジル代表

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手の背番号とポジション

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手の背番号は13。

ラフィーニャの主戦場は右のワイドエリアで、右サイドならサイドバック、ウイングバック、サイドハーフでもプレー可能です。
起用な選手で左の同エリア、同ポジションでもプレー可能なユーティリティが魅力。
ラームがアンカーにポジションを移せば右サイド、アラバが故障すれば左サイドとどちらでもスタメンを張れる能力の持ち主です。

さらにバイエルンでは小柄な体格ではありますが、CBも状況に応じてこなす能力を発揮しました。
フラメンゴでは4-4-2のRSB、彼の定位置でプレーしています。

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手のプレースタイル

ラフィーニャ選手は若い頃は典型的なワイドのプレーヤーでイケイケな突破力が魅力ではありましたが、その反面守備での脆さやセルフィーな部分もありました。
その結果シャルケでは内田篤人に押し出される形となり、イタリア・セリエAへの移籍が決まります。

しかし移籍市場では人気を集める選手であり、毎シーズン移籍話が上がります。
ビッグクラブのレギュラーとしては守備力がたりないものの攻撃力は評価されており、右でも左でもプレーできるため多くのクラブが注目していた選手です。

インテルやスペインのクラブも狙うなかでラフィーニャが選択したのはドイツへの帰還。
バイエルンではラームという世界一の右SBが存在しましたが、ジョゼップ・グアルディオラ監督のもとラフィーニャはアンカーへポジションを移します。

ラームの代わりを果たせるだけの能力を示すとともに、両翼の「ロッベン・リベリー」ワールドクラスのサイドアタッカーとのプレーでより攻守に洗練。
グアルディオラ以降もアンチェロッティ、ハインケスという世界屈指の戦術、戦略家の監督に師事できたこともあり、近年ではバランサーとしても貴重な役割を果たしていました。

今回のクラブワールドカップ、リヴァプールが優勝最右翼なのは世界中ほとんどの方が認めるところでしょう。
もしフラメンゴがリヴァプールを討ち果たすことがあるとするならば左SBのフィリペ・ルイスと右SBのラフィーニャの活躍は大きくなるのは間違いないところ。

このフラメンゴの両SBはリヴァプールのストロングポイントとは対照的な酸いも甘いも知った経験値溢れるベテランコンビです。
リヴァプールとの対戦ではフィリペ・ルイスはイケイケタイプのアーノルド、サラーとのマッチアップが予想され、守備に奔走する機会が多いと予想されます。
そのためラフィーニャのサイドが攻守に渡って、重要なポイントになるのは間違いなさそうです。

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手の経歴

  • 2002年 カズが所属したことで有名な地元パラナ州のコリチーバFCで17歳にしてトップチームデビュー。
  • 2005年 ドイツ・ブンデスリーガの強豪シャルケ04へ完全移籍 4年契約 移籍金500万€。
  • 2010年 イタリア・セリエAの古豪ジェノアへ完全移籍、移籍金700万€。
  • 2011年 ドイツ・ブンデスリーガ・王者FCバイエルン・ミュンヘンへ完全移籍。
  • 2019年 ブラジル・CRフラメンゴへ完全移籍、2年契約。

代表

  • 2005年 FIFA U-20ワールドカップオランダ大会メンバー。
  • 2008年 北京オリンピックブラジル代表 銅メダル。
  • 2008年 ロンドンでのフレンドリーマッチ スウェーデン戦でA代表デビュー。
  • 2014年 3月の南アフリカとのフレンドリーマッチで6年ぶりに代表でプレー。
    FIFAワールドカップブラジル大会ではローマのマイコンとの選択で押し負ける形でメンバーには選出されず。
  • 2015年 代表召集されるも辞退。以降代表には召集されず。

ブラジル代表キャップ4

最後に

マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ(ラフィーニャ)選手について、プレースタイルや背番号、ポジションからプロフィールと経歴までお伝えしました。