ジョエル・マティプ選手のプレースタイルと背番号。ポジション、プロフィールや経歴も

ジョエル・マティプ選手(リヴァプール)のプレースタイルと背番号、ポジションを中心に、プロフィールや経歴もお伝えしていきます。

ジョエル・マティプ選手のプロフィール

名前:ジョエル・ジョブ・マティプ(Joël Job Matip)
愛称:ファラ
生年月日:1991年8月8日
国籍:カメルーン、ドイツ
出身:ノルトライン=ヴェストファーレン州ボーフム(ドイツ)
身長:195cm
体重:89kg
利き足:右足
所属:リヴァプールFC
ポジション:DF、MF

ジョエル・マティプはリヴァプールの選手のなかでは日本での知名度の最も高い選手としてあげられるでしょう。
シャルケ在籍時に内田篤人と良く絡んでいて仲の良い選手の一人です。
練習風景やシャルケ公式のイベントでその姿を見たことのある方も多いかと思われます。
有名なエピソードではシーズン前のファンイベントで例年ネタを仕込んでいたとの説もあるほどです。

ジョエル・マティプ選手の背番号とポジション

ジョエル・マティブ選手の背番号は32。

マティブの主戦場はCBになりますが、他のポジションSBやアンカーでのプレーも可能です。
デビュー時には中盤、ディフェンシブハーフでの起用も多く、当時のブロマイドやゲームのプロフィールではMFとして表記されています。
実際に24歳で参加したFIFAワールドカップ2014ブラジル大会では2戦目のクロアチア戦ではアレクサンドル・ソングの代わりにアンカーとして出場。
3戦目のブラジル戦はオーレリアン・シェジュの代わりにCBとして出場し、ユーティリティぶりをアピールしました。

ジョエル・マティプ選手のプレースタイル

シャルケ04時代にはほぼ内田篤人選手の加入する前のシーズンから試合に出始め、同選手在籍中はほぼレギュラーとして試合に絡んでいますから、プレースタイルをご存知の方も多いでしょう。

195cmの長身を誇りますが、そこはアフリカンの血によるものか動けるタイプの選手です。
背が高く手足が長く、ジャンプ力があるため空中戦で強さを誇ります。

シャルケでドイツ代表での経験豊富なメッツエルダー、そして当時シャルケ生え抜きで売り出し中のヘーヴェテスらとコンビを組むことでCBとしての経験値を上げていきました。

またデビュー当時は中盤の選手だったこともあり、CBが主戦場になってからも神出鬼没にサイドにドリブルで持ちあがったり、キレのあるスルーパスやロングフィードを見せたりと読めない動きを時折見せるのも印象的。
長身で屈強なCBというよりは柔らかさ、しなやかさを特徴にしています。

リヴァプールでは世界最高のCBと名高いフィルジル・ファン・ダイクとコンビを組むことでより能力を発揮、クロップ監督からは「ここ数年で私たちが行ったビジネスの中でも、最も素晴らしい移籍の一つになったんじゃないかな」と改めて評価を受けています。

昨シーズンからファビーニョ、ファン・ダイク、アリソンとともにリヴァプールの守備のセンターラインを構築しているマティプ。
膝の故障で10月下旬に今季二度目の離脱中ですが、彼の離脱以後リヴァプールはプレミアリーグ・チャンピオンズリーグで無失点の試合がありません。
中盤の守備の要ファビーニョの長期離脱が決まった今、彼の復帰ができるかどうかはリヴァプールのクラブワールドカップ制覇の重要なポイントになりそうです。

ジョエル・マティプ選手の経歴

  • 1997年 6歳の時、地元ボーフムのブンデスリーガチーム、VfLボーフムのスカウトの目に留まり下部組織に加入。
  • 2000年 ブンデスリーガの強豪シャルケ04の下部組織シャルケ04 U9へ移籍。
  • 2010年3月 トップチーム昇格。
    昇格以降200近くの試合に出場、ゲームキャプテンも務める。
  • 2016年2月 シーズン終了後にプレミアリーグ、リヴァプールFCへの移籍が決定。
    4年半の長期契約、シャルケとの契約満了によるフリートランスファーでの移籍により移籍金は発生せず。
  • 2016年7月 リヴァプールFCへ移籍。

代表歴

ドイツ・ボーフム生まれのため二重国籍、ドイツ代表を選ぶこともできる立場であった。

  • 2009年12月にアフリカカップに参加するカメルーン代表に召集されるも、上記の理由で見送り。
  • 2010年3月に改めてカメルーン代表を選択表明。
    同3月10日のフレンドリーマッチ対イタリア戦で代表デビューを飾る。
  • 2010年 FIFAワールドカップ2010南アフリカ大会メンバー入り、背番号21 1試合出場、日本戦でスタメン出場。
  • 2014年 FIFAワールドカップ2014ブラジル大会メンバー入り、背番号21
    第2戦クロアチア、第3戦ブラジル戦に出場、この大会カメルーンチームの唯一のゴールをブラジル戦で決める。
    これが代表初ゴールとなった。
  • 2015年 代表引退を宣言。
    代表キャップ27

最後に

ジョエル・マティプ選手のプレースタイルを中心に、背番号とポジション、プロフィールや経歴までまとめてお伝えしました。