ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手のプレースタイルと背番号、ポジション。プロフィールと経歴も紹介

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手(フラメンゴ)のプレースタイルと背番号、ポジションは?
プロフィールと経歴もまとめてお伝えします。

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手のプロフィール

名前:ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ(Gabriel Barbosa Almeida)
愛称:Gabigol(ガビゴル)、NEXT Neymar(ネクスト・ネイマール)
国籍:ブラジル
出身:サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ(ブラジル)
生年月日:1996年8月30日
身長:176cm
体重:68kg
所属:CRフラメンゴ
ポジション:FW
背番号:9
利き足:左足

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手の背番号とポジション

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手の背番号は、9。

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダは基本的にFWで起用されることが多く、2トップの一角、もしくはブラジル代表でのポジションのように1トップを張ることもあります。

インテルでは2トップでの出場もありましたが、ベンフィカではほとんど試合に起用されずに終わりました。
フラメンゴは4-1-3-2と4-2-3-1、2つのフォーメーションを使い分けています。
ガビゴルの起用は4-1-3-2で2トップの時にはピントと並び、縦と横の関係を臨機応変に変化させてプレー。
また4-2-3-1の時はピントやカルヴァーリョといった大型の選手を差し置いて1トップでプレーしています。

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手のプレースタイル

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダは、ネクスト・ネイマールの呼び声の高い選手ではありましたがイタリアのサッカーに馴染めず、また素行不良のレッテルを貼られ放逐される形になりました。

ポルトガル語が使えるため言葉も通じ、比較的ブラジル人選手が成功しやすいはずのポルトガルリーグの強豪SLベンフィカでも試合出場は1のみ。

同じ“ガブリエウ”でもマンチェスター・シティのジェズスとは大きく水を開けられてしまった印象です。

ガブリエウ・バルボサのプレースタイルの特徴はストライカー、やはりシュートの上手さだと言えるでしょう。
突出したスピードがあるわけではありませんが、左足の技術の高さとフィジカルバランスの良さで易々とエリアに侵入して精度の高いプレーで得点機を創出します。

また左足の技術の高さでクロス、浮き玉も巧みにコントロールし、ボレーの技術の高さも伺えます。
利き脚の左とは逆の右に陣取り切れ込んでカットインから強烈なシュートや技術の高さのわかる巻いたシュート等得点パターンも多彩。
自分の形、得点までの確固たるスタイルを持っている選手なのは間違いありません。

ここ数試合フラメンゴは4-2-3-1のフォーメーションを選択していますが、フィジカルの強さと高さのあるピントではなく、ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ(ガビゴル)を最前線に配置。
このことからもわかる通り見た目以上に身体の強さで勝負できると評価されている選手です。

ガビゴルを最前線におき、17歳のこちらもネクスト・ネイマールを標榜されるカルヴァーリョが前を向いてボールを持てる状態、良さを発揮させる意図も監督にはあるかもしれません。

ガビゴルの保有権は現在インテルが握っており、2021年まで契約が残っています。
そしてフラメンゴとの契約も実はこの年末で切れます。

ガビゴルとしても2019年末のクラブワールドカップで活躍して、1月でのインテル、欧州への復帰を狙っているはずです。
17歳のカルヴァーリョと23歳のガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ。二人のネクスト・ネイマールにフラメンゴの攻撃は注目しましょう。

ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手の経歴

  • 2004年 8歳の時、サンパウロ州の名門サントスFCの下部組織に加入。
  • 2013年 16歳の時にサントスFCのトップチームデビュー、対戦相手は現所属のCRフラメンゴ。
  • 2014年 サントスFCの12,000得点目の節目のゴールを記録。コパ・ド・ブラジル得点王。
  • 2015年 コパ・ド・ブラジル2年連続得点王。
  • 2016年 8月イタリア・セリエAの名門インテルナツィオナーレ・ミラノへ完全移籍。
    5年契約、移籍金は推定2500万€。
  • 9月のホーム、ボローニャ戦でデビュー、翌年2月のアウェイ、ボローニャ戦でセリエA初ゴール。
  • 2017年 8月 ポルトガル・プリメイラ・リーガのSLベンフィカへ2500万ユーロの買い取りオプション付きのローン移籍。
  • 2018年 ベンフィカとのローン契約破棄、1月の移籍ウインドウで古巣サントスFCへローン移籍。
  • 2019年 1月の移籍ウインドウでCRフラメンゴへローン移籍。

代表

  • 2016年 代表としてリオデジャネイロオリンピックブラジル代表メンバー入り、背番号9、6試合出場、2ゴール。
  • 2016年 コパ・アメリカ・センテナリオ、ブラジル代表メンバー入り、背番号11、3試合出場、1ゴール。
  • 2019年 10月のフレンドリーマッチで3年ぶりに代表復帰、背番号21。
    ナイジェリア戦でフィルミーノと交代で途中出場。

最後に

フラメンゴでプレーするガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ選手について、プレースタイルと背番号、ポジションからプロフィールと経歴まで、まとめてご紹介しました。