HOME > 連盟事務局

連絡メール登録

連絡メール登録

連絡メール登録(廃止しました)

連盟について

連盟について

 

世田谷少年サッカー連盟の紹介



当連盟は世田谷区在住、在学の小学生で構成する少年サッカーの団体として、青少年の健全育成のための指導をおこない、各種大会の運営とクラブ間の親睦を深めることを目的に設立されました。

 当初、少年の部は世田谷サッカー協会の中で運営されておりましたが、1987年3月、明確な運営をめざして分離独立いたしました。                  
 資材も何もない中から、当時の各クラブの有志が一丸となって、区にも働きかけて、準公認団体として、二子緑地グランドなどのサッカー場を優先使用することを認めて、少年用ゴールなども新設することが出来ました。
 現在は世田谷区スポーツ振興財団の賛助会員の一員となることにより、区の施設、小学校などを安定的に利用することが出来るようになりました。

 設立当時33クラブ、2,500名程であったクラブ員も平成26年度現在、 60クラブ(他に未加盟参加が 1クラブ)、約5,800名(平成26年10月末時点)のクラブ員が所属しており、学年のチーム数が323、指導者数は728名、年間の運営試合数も平成26年実績で約1,300試合をおこなっております。

 又、東京都協会の少年連盟は23区、29市部を15のブロックに分けておりますが、世田谷区は区単独で第5ブロックに所属しており、ブロック運営の大会についても連盟で代行しております。
 東京都第5ブロックとして、5,6年生対象の「全日本少年サッカー大会」「さわやか杯」、5年生対象の「住友信託カップ」、3,4年生対象の「フェアプレーカップ」等の世田谷地区(第5ブロック)予選を実施し、世田谷区の代表を決めております。
 最近では、都大会においても加盟クラブの代表が上位の成績を上げております。

 年間の大会として、年度始めの3月に新6年生を対象とした「新人戦」、4~7月に「春季学年別大会」、9~12月に「区民体育大会少年サッカー大会」 が学年ごとのチームに分かれて行われます。
 年度末には指導者、お母さん方の労をねぎらって「指導者サッカー大会」「レディースサッカー大会」を実施しております。他に、後援行事として「ママさんサッカー大会」も加わりました。

 試合会場として 二子緑地グラウンド、大蔵総合グラウンド、砧公園小サッカー場、駒沢補助グラウンド、区内の小学校を利用しております。                    

 各団体が主宰するサッカー教室にも積極的に参加し、参加クラブの指導者、クラブ員の技術の向上にも取り組んでおります。
 また、世田谷区及びスポーツ振興財団が行なうイベント等にも協力し、クラブ員の参加を呼びかけております。

 クラブの連盟加盟については 一定の条件、審査が必要ですが、未加盟でも大会には参加できます。
 区内の小学生のクラブへの紹介も行っております。 

連盟Q&A

連盟Q&A

「連盟Q&A」のページへ(クリックするとページに移動します)

以下の点について、説明しています。

大会について
試合の日程について
会場当番について
審判について
駐車場について
応援・観客マナーについて
学年合同について
学校行事表の提出について

皆様から、事務局にメール等でいただいた連盟の運営に対しての質問や要望のあった中から、一般的なものをまとめました。今後も加筆する予定です。

技術指導部

5Bトレセンblog

5ブロックトレセンブログ


2017年度用ダウンロード

各種用紙ダウンロード








事務局へのメール

連盟事務局への問い合わせは、下記の「問い合わせ」ボタンをクリックしてメールをお送りください。
最近、連盟ホームページからのスパムメールや、匿名のメールが多く、連盟として適切な対応を取れない事例が発生しているため、ご協力をお願いいたします。

LinkIcon事務局にメールを送る

※ご使用のメールソフトが起動します。件名などは自動でセットされます。